Back
Fender Factory Tour 2008年5月
今回、山野楽器さんの企画で
アメリカはカリフォルニアのコロナにある
フェンダーの工場に行ってきました!
私は、フェンダーの工場に行くのは初めてで
楽しみと不安が入り交じる中で参加しました。
そこはドリームファクトリーに相応しい圧巻の内容でした!



今回、一緒に行ってくれる2人!加茂ブラザー佐藤さん、カゲツロック石田さんです。
中部国際空港で待ち合わせして、出発前の図!成田を経由して、いざ!ロサンゼルスへ!!



着きました!飛行機が長過ぎ・・・怖かった・・・飛行機のトイレは詰まるし・・・
アメリカと言えばハンバーガー!味はともかくサイズにビックリ・・・



ロサンゼルス空港から車で約1時間、ついに Fender Factory に到着!
写真は、正面玄関前で・・・
フェンダーの象徴がしっかりとオブジェに・・・



予想どおり広大な敷地で、無数の車が並んでいます。
空気の雰囲気もどことなく日本とは違い圧倒されます・・・



正面からちょうど反対側に、カスタムショップの入り口があります。



まずは、Custom Shop Director Alex Nicholas 氏がお出迎え!
ご自慢の愛器で、腕前を披露!!



オフィス内にあったストラトは John English 氏製作の貴重な1本を激写!
決していたずらして殴られた訳ではありませんので・・・

内部へ潜入!!
とにかく「でかい」工場内を、見学することが出来ました。
1本出来るまでの行程を、時間の都合上素早く(笑)解説を交えて案内していただきました。
さらりと撮影してきましたが、貴重なショットがふくまれているかもしれません・・・



インカムをつけて、いざ潜入!



いきなり木材の山が・・・写真では分かりづらいですが結構な量です!



シーズニングの説明です。



良質なアッシュ材!すばらしい!



ここで、本来の形にカットされていきます。



こちらはカスタムショップ専用です。




らしくなってきました!



見た通り、加工される前の「ラウンド張り!」貴重なショットですが、なぜか不恰好で笑えます!




ここで、様々なネックグリップに仕上げられていきます。
後ろ側にあるネックは「グリップサンプル」だそうです。





さらに「らしく」なってきました。



おっ!!凄いですね!!



ついに塗装ブースへ!
さすがに作業は窓からしか見えません!
乾燥ルームには「無数」のギターが・・・





こんな、「グレイト」なストラトも発見!



塗装を終えたギターたちは、ここで組み込みを行い、最終チェックをしてから出荷されるそうです。



ありとあらゆるパーツが!!

Custom Shop Builder
これまで数々の名器を作り続けてきた「マスタービルダー」
ここで製作するギターに対するこだわりや自信はサスガでした。




Fender Museum
ファクトリーから車で15分、そこはフェンダーの博物館です。
フェンダーに関する色々な物が展示されています。
なんと、音楽教室も行われているそうです。







 

番外編!



ツアー参加者でパシャリ!



3人のビルダーとのショット!



お疲れモード!



ファクトリーの玄関にはこのようなオブジェが・・・
サスガアメリカ!スケールが違います!!



休憩中の一コマ!
タバコを吸う方はここで吸います!



ビルダーブースを上からショットの図
手前のピンクブースはなんとアビゲイル氏のブースです!



まさかファクトリーでこのロゴを見るとは(笑)
グレッグフェスラー氏のブースに飾られていました。
なぜ?と聞いてみると、57スタイルが好きなのだそうです。



なにを思う2人・・・?



仕事し過ぎの図




帰りのロス空港にて!



お付き合いいただきましてありがとうございました!
今回のFender Factoryで、得るものは沢山ありました。
あと、Webでは公開できませんが、「マスタービルダー」の
アンケートを店に掲示しています。
お時間がありましたら、見に来てください。

〒451-0031 愛知県名古屋市西区城西4-30-14 Maps
Tel:052-532-1580 FAX:052-532-1581
E-mail:y_oh@bigcity-guitars.com
Copyright © Big City Guitars All Rights Reserved